コトヒラ 研究開発用オゾン発生器 5g/hモデル KQS050 [r22]

コトヒラ 研究開発用オゾン発生器 5g/hモデル KQS050 [r22] コトヒラ 研究開発用オゾン発生器 5g/hモデル KQS050 [r22] コトヒラ 研究開発用オゾン発生器 5g/hモデル KQS050 [r22]

こちらの商品はまれに品切れや納期が遅れる場合がございます。

お急ぎの方は、ご注文前にお問い合わせフォームや電話にて在庫確認をお願い致します。

コトヒラ 研究開発用オゾン発生器 5g/hモデル KQS050 ■特長 ・水冷式と比較して移動・設置が容易です。

・デジタル流量計を搭載し、正確で広範囲(1.0〜10L/min)な流量調整が可能です。

・オゾン発生量は酸素流量と電流値で調整可能です。

・酸素流量が低下した場合は自動停止。

アフターブロー機能で本装置、配管の残オゾンガスを酸素で排気します。

■用途 ・食品、薬品、化粧品、研究所、半導体業界での殺菌、脱臭、脱色。

■仕様 ・間口(mm):172 ・奥行(mm):532 ・高さ(mm):180 ・オゾン発生量(g/h)(酸素5L/min):5 ・最大オゾン濃度(g/N[[立米]])(酸素流量1L/min):50 ・質量(kg):8 ・電源:単相100V ・使用圧力:0.10〜0.12MPa ・消費電力:70W ■注意 ・酸素ボンベ接続専用モデルです。

■原産国 日本 ■質量 8kg ■メーカー コトヒラ工業(株) ■ブランド コトヒラ

  • 商品価格:500,200円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0.0